あっとほーむからの「お知らせ」

お知らせ

2017年5月17日 プチイベントの先生募集します!

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   いつもあっとほーむのブログをお読みくださり、ありがとうございます。 さて、昨年初めて募集したら予想以上の反響があった「夏休みのプチ先生募集!」。 今年も夏休みに向けて募集します。 そこで! あっとほーむに関わっている皆様、 あっとほーむいいな~と思ってくださっている皆様、 プチイベントの先生として、あっとほーむの子どもたちと夏のひと時を楽しく過ごしませんか?     昨年はこの募集で、クレイアート教室、朗読教室、おやつ作り教室、プラバン教室、世界の人形教室、マヨネーズ実験教室を実施!     絵画教室や、将棋教室、縫い物教室にレース編み、折り紙教室もいいかも♪ 以前は5人くらいで管楽器の演奏会をしてくれて、楽器に触らせてくれた大学院生もいました。     子どもたちに教えられるか分からないけど・・・という方でも大丈夫!プロの先生も必要ですが、ご近所のお兄さんお姉さん、おじちゃんおばちゃんから教えてもらう、日常のちょっとしたことが嬉しいのです。得意なこと、好きなことであっとほーむの子どもたちと一緒に過ごしましょう。   【夏休みプチイベントの先生 募集要項】 日時:2017年7月24日~8月25日までの月~金    9:00~12:00の間で50分程度    または    13:00~16:00の間で50分程度 内容:工作、手芸、実験、ヨガ等あっとほーむの6畳程度のスペースで行えるもの    または 公園等でできるもの    または 会社訪問 参加人数:小学1年生~6年生まで10人~25人 謝礼:申し訳ありませんが、材料費程度の謝礼です。    (材料費は子ども1人0円~500円まで) 応募方法:こちらからご連絡くださいませ。     お問い合わせ・お申し込み内容のところに、内容や条件等ご記入ください。     ただし、応募者数多数の場合はご希望に添えないこともございます。     ※堅苦しい文章は必要ありません。「こんなのどう?このくらいでできるけど」程度で結構です。     ただし、あっとほーむのどこに共感していただいているか一言添えてくだされば嬉しいです。     ※先生は出来ないけど、何かお手伝いしたいな~と言う方は、ボランティア、時間もないけど何か役に立ちたいな~と言う方は夏休みのイベントスポンサーになっていただけると嬉しいです。1回あたりのプチイベントは3000円~5,000円、キャンプなどは10,000円~50,000円のご寄付をいただけますと、大変助かります。スポンサーになっていただくと、後日子どもたちから手書きのお礼状や年に一度の活動報告書をお届けします。  

2017年1月20日 受付開始!2017年3月20日(祝)オープンキャンパスのご案内

オープンキャンパス

あっとほーむカレッジ(子育て支援起業講座)のオープンキャンパスのご案内です。   あっとほーむで開催してきた子育て支援起業講座を、昨年秋から「あっとほーむカレッジ」としてリニューアルしました! 本科では子どもに関わることで起業したい方向けの基礎クラスと応用クラスがありますが、オープンキャンパスでは、起業する/しないに関わらず、あっとほーむに関心のある方、自分らしい働き方をしたい方を対象に、どなたでも参加できるセミナーを開催いたします。   この機会にぜひ、あっとほーむにお越しください。   2017年3月20日(祝)オープンキャンパスのご案内   ★午前の部 10:00-12:00 「事業がうまくいく人、いかない人 〜成功者の共通点教えます〜」 担当 :事務局 阿部依里子 これまで小栗さんのそばで学ぶとともに、あっとほーむの保育スタッフとして、また事務局スタッフとして多くの方と出会い、様々なことを学ばせていただきました。以前の私は、自分に自信がない、何か始めたいけれどどんなふうに行動していけばいいの?と迷っていました。しかし、成功者の方々の言葉や姿を見て学んだことで、今は自分の居場所や人生の目標を見つけ、行動できるようになりました。このセミナーでは、私が出会った成功者の事例をお伝えしながら、参加頂く方々それぞれが思い描く”成功”のカタチを見つけ、自分のNext Stepを踏み出す時間です。 定員10名 参加費 5,000円     ★お昼の部 12:30-13:30 あっとほーむの見学とあっとほーむカレッジの説明 まだあっとほーむに入ったことのない方、あっとほーむカレッジの説明を受けていない方が対象です。 担当:事務局長 小栗宏之 定員10名 参加費:1,000円   ★午後の部14:00-16:00 「女性のためのソーシャルビジネスセミナー 〜 自分の夢を叶える秘訣 〜」 講師:ことば塾代表 佐藤浩子さん このたび、講師をしてくださる佐藤浩子さんは、あっとほーむカレッジ(子育て支援起業講座)の6期生として卒業後、現在は名古屋市で《ことば塾》を開業、運営しています。実は彼女は、あっとほーむカレッジを受講するまでは、普通の主婦として過ごしてきました。このセミナーでは、そんな彼女が起業家として花開くまでの道のりをお話頂きます。そこには地域や社会のために自分に何ができるかと悩み、葛藤してきた姿とともに、自分のやりたいことを実現した彼女だからこその成功の秘訣がたくさん隠されています。何歳になっても自分のやりたいことに挑戦する女性は綺麗です。浩子さんの輝く秘訣、ぜひ一緒に聞いてみませんか。   定員10名 参加費 5,000円       午前の部、お昼の部、午後の部それぞれお申し込みを受け付けます。     お申し込みは、あっとほーむお問い合わせページよりお願いします。「セミナー・両立サロンのお申し込み」の□にチェックを入れ、お申し込みください。 携帯からの送信はセキュリティが高いため返信メールの受信ができないことがあります。「.com」及び「@npoathome.com」を受信許可設定にしてください。(それでも受信されない携帯アドレスもあるようですので、携帯アドレス以外からの送信をお勧めします)   みなさまのご参加心よりお待ちしております。        

2016年5月31日 プチイベントの先生募集します!

DSC09613

こんにちは、小栗ショウコです。   いつもあっとほーむのブログをお読みくださり、ありがとうございます。 さてさて、日々湿度が上がり、そろそろ梅雨入りも考慮しなくちゃと思う時期になりました。そんな時期ではありますが、あっとほーむではすでに夏休みのイベントを企画中!大きなイベントはすでに決めましたので、あとは毎日朝から夜までいる子どもたちが楽しく過ごせるようにプチイベントも企画中です。   そこで! 今年はあっとほーむに関わっている皆様、 あっとほーむいいな~と思ってくださっている皆様から、 プチイベントをしてくれる先生を募集します!   例年だと、あっとほーむ内でのストラップ作り、ペットボトルのアクセサリー作り、     ご近所の美容院での美容師体験や空手教室、     企業訪問もさせていただきました。(こちらの企業はこの翌年から小学生のイベントを恒例化しました)   他にも、先生に来ていただいて絵画教室や実験教室なども開催しました。     子どもたちに教えられるか分からないけど・・・という方でも大丈夫!プロの先生も必要ですが、ご近所のお兄さんお姉さん、おじちゃんおばちゃんから教えてもらう、日常のちょっとしたことが嬉しいのです。得意なこと、好きなことであっとほーむの子どもたちと一緒に過ごしましょう。   【夏休みプチイベントの先生 応募要項】 日時:2016年7月19日~8月26日までの月~金    9:00~12:00の間で50分程度    または    13:00~16:00の間で50分程度 内容:工作、手芸、実験、ヨガ等あっとほーむの6畳程度のスペースで行えるもの    または 公園等でできるもの    または 会社訪問 参加人数:小学1年生~6年生まで10人~20人 謝礼:申し訳ありませんが、材料費程度の謝礼です。    (材料費は子ども1人0円~500円まで) 応募方法:こちらからご連絡くださいませ。     お問い合わせ・お申し込み内容のところに、内容や条件等ご記入ください。     ただし、応募者数多数の場合はご希望に添えないこともございます。     ※堅苦しい文章は必要ありません。「こんなのどう?このくらいでできるけど」程度で結構です。     ただし、あっとほーむのどこに共感していただいているか一言添えてくだされば嬉しいです。    

2016年3月23日 内閣府特命担当大臣表彰受賞しました

内閣府表彰2

こんにちは、小栗ショウコです。   あっとほーむは平成27年度子どもと家族・若者応援団表彰において、内閣府特命担当大臣賞を受賞しました。 賞状には、こんなことが書いてあります。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 表彰状 特定非営利活動法人あっとほーむ殿 あなたは子育てと子育てを担う家族を支援する活動に尽力され その功績は特に顕著であります よってここに表彰します 平成28年3月23日 国務大臣・内閣府特命担当大臣 加藤勝信 ーーーーーーーーーーーーーーーー 神奈川県の推薦を受け、あっとほーむが子育て支援をしてきたこと、あっとほーむのような場所を他地域展開することなどを評価していただきました。神奈川県からの表彰、横浜市からの表彰、浜銀総研からの表彰に続き、内閣府から表彰していただき大変感謝いたします。これからも、この表彰に値する活動を続けていきたいと思います。 表彰式の後、大臣と受賞者全員との記念撮影もありましたが、子どもたちと記念撮影するほうがあっとほーむらしい♪みんなの「すご~い」「おめでと~」の言葉が一番うれしかったです。   そして、最後に子どもたちから表彰してもらいました。みんな、ありがとう♪

2016年2月26日 思春期セミナー打ち合わせ 子どもたちを守るには

12782021_999543096798956_351059943_n

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。     水曜日、今年の開催で4回目になる都筑区の思春期セミナーの打ち合わせでした。   つづきMyプラザさん主催で開催されるこのセミナーには、我が子との関わり方を真剣に考える小中学生の保護者の方が毎回たくさん参加してくださいます。小さくてかわいい子ども時代から、次第に自立への道を進む思春期の子どもたちは、親から見たら子育てが難しくなったと感じる時期です。そんな時期に思い悩むお父さんお母さんを対象に、年に1度開催しているセミナーです。 共催は、私たちあっとほーむの他に、NPO法人アーモンドコミュニティネットワークさん、認定NPO法人コロンブスアカデミーさん が揃っています。   今回は、インターネットとどう向き合っていくのか、子どもたちを取り巻く問題の根底になにがあるのか、どう子どもたちを守っていくのか、長年研究・活動されている宮崎豊久さんとタッグを組むことになりました。     今回の事前打ち合わせでは、具体的にどんな内容にしていこうか、保護者の方が気になるところはどこだろうか、子どもたちの健やかな成長のために何を伝えられるかということを話しました。       宮崎さんがお話されていることは小栗さんもほかの団体さんも課題と感じているところで、打ち合わせなのに、問題について考える勉強会のような雰囲気でした。     各団体の活動には、子どもたちや青少年が自分らしく生きていくための工夫がたくさんあります。6月の思春期セミナーでは、私たちの力を結集して参加したお父さんお母さんたちにそれらを伝えていきます。セミナーのご案内ができるようになりましたら、またこちらでお知らせいたします。      

過去のお知らせ

セミナー・イベント登壇

2017年6月6日 居場所を作ってね

思春期セミナー2017

6月5日、つづきMYプラザで毎年恒例の思春期セミナーを開催しました。 ※写真は講師と共催のみなさん。   難しくなってきた子育てのヒントを見つけにいきませんか?という副題で、都筑区内の小学校高学年から中学生に個別配布されるチラシの効果で毎年定員オーバーになるセミナーです。小学生から中学生の子の親だけでなく、実は20代30代の子を持つ親も、悩みを持って参加されます。   そういうみなさんに私たちが訴えているのは、居場所を作ってねってこと。 居場所ってね、誰かとつながっているという感覚を持てることです。自分を信じてくれる親がいること、先生がいること、友達がいること、親戚のおじちゃんおばちゃんがいること、近所のお兄さんお姉さんがいること。どれかがあれば人は自分を信じていける。自分は愛されている存在だと認識できるのです。 そうすると、大変なことがあっても「この環境は親が悪い」「社会が悪い」「だからみんな殺しちゃおう!」とう発想にはなりません。それは2年前、1年前、今年と、セミナーで講師をしてくれたそれぞれの専門家が集めてくれたデータでわかっていることです。     あっとほーむには、利用中のママや卒業したママたちが「どうしたらいい?」と相談してくれることもあるし、その子どもたちが人生の節目で悩みを打ち明けてくれることもあります。私がいつも相談される側の万能な人間というわけではないし、誰とでも合うわけでもないし、どんな相談でもど~んと来い!ということはありません。私一人で出来ることは限られるけど、私と同じように子育て中のママや子どもの相談に乗りたい、なんとか力になりたいと言う人は世の中にたくさんいます。今回共催した3団体の皆さんをはじめ、あっとほーむのようなところ自分でも作りたい!と学びに来る人も、みんなみんな、何とか力になりたいと行動している人たちです。   だけど子どもたちは、まだまだ家庭以外の居場所を自分で作れません。親以外の信頼できる人を自分で見つけることはまだ出来ないのです。だからどうぞ子どもが小さいうちに、子どもの居場所をたくさん見つけてあげてください。それがきっと、思春期になり、大人になってからの居場所につながるから。     まずはパパママが信頼できる人を探しましょう。学校や塾や保育園や学童保育、習い事やキャンプなど、ママ友でもいい。今まで生きてきた中で信頼できる人がきっといたはずです。この人はパパママが信頼している人なんだということは、子どもにも伝わります。そうすると子どもはその人を信頼できるし、困ったときには助けてっていえる居場所になります。そうやってたくさんの居場所を作ってあげることが、子どもの自立につながるんですよ。   強く幸せに生きる大人になるために、今から子どもの居場所をたくさん探してあげてください。  

2016年12月13日 ワークライフバランスセミナー登壇

磯子区セミナー

こんにちは、小栗ショウコです。   9月下旬から12月まで、合計4回、磯子区役所の責任職の皆さまにワークライフバランスセミナーを実施しました。   このセミナーは今年の3月に、職場復帰する産休中の方や子育てとの両立をしている方向けにセミナーをさせていただき高評価だったので、今度は責任職の皆様にさせていただくという、ありがたい機会でした。副区長から部長、課長、係長までが、自分と自分の部下が目標達成しながら充実したワークライフバランスを取れる方法を知ることが出来た!と想像以上の評価をくださいました。 打ち合わせから当日の進行まで担当してくださった庶務課の皆さんが、本気で取り組む姿に感動して今年分の外部セミナー講師の仕事を終えました。 この機会をくださった磯子区職員の皆様、ありがとうございました。    

2016年9月10日 都筑区・小1の壁セミナー

都筑区小1の壁記録

こんにちは、小栗ショウコです。   今日は都筑区主催の講演会「小学校入学前に知っておきたい大切なこと」でお話をしてきました。 この講演会、昨年に引き続き2年目となります。 まだまだ待機児童対策に力を入れないといけないけれど、対策をしているうちに子どもはどんどん成長します。希望するすべての子どもが保育園に入れるようになった頃には、子どもは小学生で、今度は放課後の居場所をどうしようとか、働き方はどうすればいいのかと考えなくちゃいけません。行政が先頭を切ってこの問題に予算を取って区民のために講演会を開催するのは本当に異例です。都筑区でこの講演会の企画をした人、ほんとにすごいです。 入学前に同じ学校になるパパママたちとの交流もできるし、何よりもちょっと先輩のパパママたちから生の声が聞けるのがミソ。他の自治体でも是非真似して欲しいです。 今日は65名の参加者の皆さんが楽しく真剣に情報交換していました。 残り2回も精一杯ファシリテートさせていただきます。   ーーーーーーーー追記ーーーーーーーーーーーーーーー 3回のセミナーも無事に終わり、合計200名近くの方が参加してくださいました。 都筑区の報告はこちら 区長や市のこども青少年局、幼稚園の園長先生など、見学者も多くいらしてくださり、来年度1年生の子を持つ保護者をみんなでバックアップしていく姿勢が感じられました。本当に素晴らしい取り組みだと思います。 最後に、このセミナーを中心になって運営してくださった都筑区の職員の皆様と記念撮影。(私の隣の笑顔がステキな女性は、「ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド」共著者であり、あっとほーむの働く女性支援事業を支えてくださってる松蔭大学順教授の田中聖華さんです) 皆様、ステキな機会をありがとうございました。                              

2016年7月13日 子どもに関わる事業をしたい!

DSC00962

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿依里子です。     あっとほーむでは、長年の子育て支援事業で得たスキルとノウハウを、これから起業したいという皆さんに子育て支援起業講座という形でお伝えしてます。 7月10日の午前中はその講座の説明会&トークサロン、午後は起業講座4日目を開催しました。     トークサロンでは、起業講座を受講し、相模原市で開業した相模原ママと子どものプレイパーク オハナ・代表 村田かなえさんが来てくださり、説明会参加者に先輩起業家としてご自身の経験談をお話ししてくださいました。 村田さんもはじめは参加者と同じように不安や迷いを持って、自分がどんなことをできるか説明会に参加されました。村田さん自身は、ここに来る前にもいろんなセミナーに出たり勉強会に参加していたそうですが、小栗さんに出会い、「ここで学びたい!」と起業講座を受けたことが村田さんの起業の第一歩になったのです。 参加者のみなさんの中には身を乗り出して、うんうんと大きくうなずいて村田さんの話を聴いている方もいらっしゃいました。きっとそんな方々が起業家の第一歩を踏み出すのかもしれません。           さて、午後は起業講座・起業準備コースの4日目です。 午前中に引き続き、オハナの村田さんの講義の後、スペシャルゲストが! 5期生の修了式にも基調講演をしてくださった音楽プロデューサー&ビジネスプロデューサー稲葉瀧文さんです。8期生一人一人の事業プレゼンを聴いてアドバイスをくださいました。 他にも、おうち保育園(R)協会の先輩起業家の方々もいらっしゃって、同じくアドバイスをくださいました! こんな貴重な時間に8期生も感激!自分のために、時間を作って集ってくれる方々に感謝の気持ちを伝えることができたら、次はどんどん行動すべし!です。8期生はこれから運用実務コースに進みます。 まずは稲葉さんや先輩起業家の方々から頂いたすばらしいアドバイスを事業プレゼンに活かします。 この日は特別に、ゲストと先輩たちも含めてお食事会も。教えてくれる仲間、共に学ぶ仲間、教える仲間がいる心強さは半端ない。みんなで地域の子育て環境を創っていきましょう。      あっとほーむの子育て支援起業講座8月、9月の無料説明会&トークサロンはこちらから! ぜひみなさんのご参加をお待ちしております。    

2016年6月28日 思春期セミナー スマホ依存と人間関係 

思春期セミナー⑤

こんにちは、小栗ショウコです。   6月27日、つづきMYプラザにて思春期セミナーを開催しました。 今年は「スマホ依存と人間関係」と題し、インターネットポリシースペシャリストの宮崎さんをお迎えし、スマホ依存やゲーム依存などに不安がある保護者の皆さんにお話をしました。   インターネットの怖さや使いすぎによる弊害もお話しましたが、そもそもなぜ問題が発生してしまうのかを把握しないと、”問題が発生したから対策をする”の繰り返しになってしまいます。今回はインターネットという切り口ですが、薬物だっていじめや暴力も同じです。子どもも大人も、居場所を求め、認めてもらいたいんですね。それが今の子どもたちにとっては身近なネットの世界にはまり問題が発生することにつながるのです。   ということで、後半は私たち主催・共催団体も入り、居場所についてパネルディスカッションをしました。 横浜市内で子どもの居場所や子育て支援・親支援をしてきた私たちがいつもお伝えしているのは「第三者の必要性」「家庭以外の居場所」です。子育ては、いろんな人に関わってもらうことで、子どもが多様な価値観を学べます。だから子どもが小さくてもどんどん他人を頼って子どもを預けていいんです。子育て放棄でもないし、わがままでもないんです。子どものためなんですよ。小さい頃から子どもをたくさんの人に見てもらう、支援してもらうということは、子どもが自立していくた必要なことです。今回の講師の宮崎さんと共に活動している岩室先生が「自立は依存先を増やすこと」と教えてくれました。子どもが社会に出て自立するために、家庭以外の依存先をたくさん見つけてあげてください。子どもが何らかの問題を抱える前に、自分らしくまっすぐ成長していけるようにね。     最後に、その岩室先生からも2~3分のまとめをしていただき、あっとほーむは失敗を許せる場と書いてくださったのがとてもとても嬉しかったです。宮崎さん、岩室先生、そして今年も一緒に思春期セミナーを開催してくれたつづきMYプラザの林田さん、アーモンドコミュニティネットワークの水谷さん、コロンブスアカデミーの福島さん、ありがとうございました。 思春期セミナーは年に一度開催しています。次回まで待てない!と言う方は、つづきMYプラザで個別相談をお受けしています。どうぞお気軽にお問い合わせください。

過去のセミナー・イベント登壇

メディア掲載

2017年5月3日 浜銀総研政策提言に掲載されました

浜銀総研政策提言1

浜銀総研 政策提言第6号 女性起業家によるイノベーション促進に向けた課題 に、あっとほーむカレッジについて書いていただきました。       中身はこちら↓   この政策提言全体で訴えているのは、起業時だけでなく起業後にも支援が必要で、それは創業何十年経っていても新製品を出したり時代に合った改革をしたりするときにも必要だよってことです。 今は起業ブームで、いろんな人が起業支援をしているけど、継続してからも相談できて、事業を発展させるために一緒に考え取り組んでくれる仲間を作れるかどうかが大切です。すでに起業している人は、是非一人で悩まず、信頼できる人に相談して、一緒に活動してくれる人を見つけましょうね。 あっとほーむカレッジを卒業して、おうち保育園Ⓡ協会に加入した方には、もれなく信頼できる仲間がついてきます(^^)      

2017年3月14日 レタスクラブ3月号に掲載されました

レタスクラブ表紙

3月10日発売のレタスクラブ3月号に、これから働きたい方へのアドバイザーとして掲載されました。   レタスクラブ3月号の表紙はこちら!Kちゃんが紹介してくれています。   中身はRちゃんとMちゃんがご紹介。   取材にきてくださった担当者さんは、育休復帰前に「誰も教えてくれなかったほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド」を読んで前向きになれた!と、この企画を進めてくれました。世の中には、仕事と子育ての両立本てたくさんあるけど、ほとんどが効率的な時間の使い方とか、手際よくこなす等のテクニックになりがち。でもね、ママたちの一番の願いは子どもが笑顔でいることです。そのために、ママ自身が笑顔で楽しく毎日を過ごしてほしいと願って書きました。だって、子どもが求めているのはママの笑顔だからね。おかげさまで、発売から3年半経った今でも少しずつ売れています。   レタスクラブ3月号のこの特集は、そんなきっかけで産まれました。読んでいただければうれしいです。      

2016年12月20日 amimato掲載

dsc04272

横浜市市民活動支援センター発行のanimatoに掲載されました。   内容は、横浜市市民センターのリンク先でチェックできます。  

2016年9月18日 ラジオ出演しました♪

dsc02740

  こんにちは、あっとほーむ事務局の阿部依里子です。   今日の午前中はおうち保育園(R)協会会員向けの経営ゼミ。 そのあと、午後は小栗さんがラジオ出演しました!   小栗さんが出演したラジオはFMサルースさんの「HUMAN Talk BOX」。地域で活躍中の「人」にフォーカスした番組です。 たまプラーザ駅にある中が見える透明なラジオブースでラジオの様子が間近で見れます。小栗さんの出演前にドキドキしながら待っているKADOYAおうち保育園®の岩崎さん、事務局長、私の三人。   写真がうまく撮れるか試している岩崎さんを撮る私を撮る事務局長の図。     ラジオのブースに小栗さんが入ってきました! わー!!!小栗さーん!と思わず手を振る私たちににっこり笑顔を返してくれました。       イヤフォンをつけて、なんだかかっこいいですね! ラジオの中では、一緒に出演した方とトークバトルがあったり、今月のトークテーマ「やってしまった!失敗談」を話したり。あっとほーむがどんなところなのか、小栗さんがどんな想いで18年前に事業を立ち上げたのかなども話しましたよ〜♪   私は、中高校生の頃ラジカセでラジオを聞いていた頃をなんだか懐かしく思い出しながら、パーソナリティーさんと小栗さんのラジオトークを楽しみました。 あっっっという間の30分!   小栗さんがラジオで最後に告知させていただいたのは、来週22日(木・祝)に行われるあっとほーむカレッジのオープンカレッジ(セミナー)についてです。 あっとほーむの子育て支援起業講座に興味がある、ちょっと覗いてみたい、体験してみたいという方にぴったりのセミナーです。どなたでもご参加できますので、お気軽にお問い合わせください!お申し込みはこちらから。   FMサルースさんのご好意で、ラジオのブースに入れて頂いてパーソナリティーの方と小栗さんと一緒にラジオ出演された方も一緒に記念撮影です! ラジオを聴いてくださったみなさまありがとうございます!    

2016年6月6日 小学生の夏休みの過ごし方

DSC00384

こんにちは、小栗ショウコです。   先月取材を受けた内容が雑誌に載りました! 主婦と生活社の「CHANTO」創刊2周年大感謝SPです。   働くママ向け雑誌なので、直前に迫った小学生の夏休みの壁の乗り越え方を特集して、専門家として登場しています。   保育園とは違い夏休みがある小学生。夏休みで子どもは大きく成長しますので、パパママの手を少し離してどんどん冒険させてくださいね。 小学生の夏休みの過ごし方、詳しく聞きたい!という方は、「ほんとうは楽しい仕事&子育て両立サロン」へご参加くださいませ。お待ちしています。    

過去のメディア掲載

代表ブログ

2017年3月24日 こんなに大きくなっちゃったシリーズ

no igame

ここでは、あっとほーむに来ていた子達が大きくなって再開したときの様子をご紹介。     Aちゃんとは0才からのお付き合い。私の顔見て大声で泣き叫んでいたのに、すっかり仲良しです。 身体の柔らかさを活かして、中学生になった今はバレエに夢中です。     ずっとピアノレッスンであっとほーむに通ってくれたKくん。高校3年生になりました! こんなに小さいときから習っているので、数年弾いてなくても指が覚えてる!!     昔から笑顔がかわいいHちゃん。この春、高校生になります!       保育園からのお付き合い。すらっと伸びたね~。小学校卒業記念。 保育園からのお付き合い。中3!     1歳半からのお付き合い。高校卒業したよ!     彼らとは保育園時代からのお付き合いで、小学生の時には一緒にアメリカに行きました! 小学生のDくん、小栗、小学生のHくん(小学生Mちゃん)→高校生の二人と同じ位置で。二人ともこんなに大きくなっちゃった!     小学校3年生からのお付き合い。20才になったので一緒にお酒を飲みました。   3歳からお付き合い。中学2年生になっちゃった!!   小学生の頃、長い髪を毎日とかしていた子は、大きくなってショートへアになっていました。     小学校1年生のときからしっかり者のAちゃん。中学1年生になりました!

2016年10月3日 出来ないことはいっぱいあるけれど

小栗ショウコ

こんにちは、小栗ショウコです。   数週間前には覚えているのに、毎年当日に「はっ!!!今日は10月1日!!」と思うのが定番になっているマヌケな私。 今年も当日の夜思い出しました。 10月1日は、あっとほーむの創業記念日です。 満18年。19年目に突入したわけですが、本当にあっという間。     あっとほーむをはじめたとき、社会を変えてやる!!とか、起業して成功してやる!!とか、そんな強い思いを持っていたわけではありません。   約10年勤務した会社を退職した後考えました。 あのまま結婚して子どもを育てていたら、シフト勤務の私には実家のように頼れる人がいなかったらきっと仕事は続けけられない。 だから同じ地域で働く女性の役に立ちたい。 そのために私が出来ことをはじめました。      でもね、私には出来ないことがいっぱいあって、出来ることのほうが少ないんです。 それでも私に出来ることを見つけて、コツコツと積み上げてきました。     あのまま会社員だったらきっと困っていただろう私のために、 同じ理由でこの地域で今困っている働く女性のために、 そして、縁あって出会った子どもたちのために、 私が出来ることをやる。       19年目に突入した今日も、そんな気持ちで頼れるスタッフと共にあっとほーむを開けます。 どうぞ皆様、これからもよろしくお願いいたします。    

2016年3月16日 あっとほーむの仲間=おうち保育園Ⓡ協会会員

宮尾さん

こんにちは、小栗ショウコです。   昨日は、4月に大阪で開業するNPO法人アフタースクールにじのいえ代表・宮尾さんが遊びに来てくれました。   宮尾さんは、長年保育園や児童福祉施設に勤務していた経験から、働くママたちのための学童保育を立ち上げようと、子育て支援起業講座に通ってきてくれました。その当時は自分の地域で学童ができたらいいな~という想いだけでしたが、講座を進めていくうちに想いが明確になり、場所を見つけ、仲間を見つけNPO法人化し、行政との連携も図れそうな勢いです。穏やかなその見た目からは想像できない行動力と、その行動がすべて的を得ているところがこれまたすごい! 行動しちゃう人のパターンとして、宮尾さんのように的を得た行動をする人もいれば、「そこにお金かける?」「それ今必要?」と思えるような行動をする人もいます。例えば、まだ顧客や事業計画が明確になってないのに場所を決めちゃうとか、その内容や設備にお金かけちゃうとか、人から自分がどう見られるかを考えて見栄をはっちゃうような感じね。限りないお金があって趣味の延長の仕事だったらいいけれど、資金が底をついたら終わりとわかっているなら、ちゃんと優先順位を決めて行動しないと赤字が膨らんで抱えきれなくなってしまいます。   さて、にじのいえの宮尾さんは4月オープンに向け着実に行動した結果、設定した定員を超えキャンセル待ちの人までいるそうです。プレオープンも開催し、準備万端ですが、昨日は4月以降のシュミレーションのためあっとほーむに実習に来てくれました。さらに、私たちと個別相談を定期契約していて、小さいことだけど大切なことや迷ったら相談できる体制を整えています。 私もそうだけど、いろんなことを決めるとき、もう自分の中で結論は出ているけど、信頼する人に「うん、それでいいよ!」と背中を押してもらう一言がほしいんです。私一人ですべての人の背中を押すことは出来ません。だから子育て支援起業講座を終えておうち保育園Ⓡ協会に入ってくれた仲間同士で、背中を押しあい、高めあえる関係を築いていきたいと思っています。 宮尾さんはじめ、子育て支援起業講座を卒業し、おうち保育園Ⓡ協会に入った会員さんは、自分の想いを明確にして自分の地域で自分らしい子育て支援をしています。子育てのこと、仕事との両立のこと、お困りでしたらお近くの会員さんに頼ってみてください。きっと親身になって対応してくれますよ。      

2016年2月20日 今後は企業の取り組みへ

両立ガイド表紙

こんにちは、小栗ショウコです。   2013年に出版した、私と田中さんの共著本「だれも教えてくれなかった ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド」の反響が続いています。   この本を出したのは、TVとか雑誌に出てくるような有名人の両立方法ではなく、あっとほーむを利用している働くママたちを世の中に発信することで、きっと多くの人のロールモデルになると思ったからです。すぐに反響が出て、多くの働く女性から嬉しい感想をいただくようになりました。 行政からの表彰を受けたことで、行政機関が住民や働く女性に対して行うセミナー等に登壇させていただく機会も増えましたが、最近は、企業の人材開発やダイバーシティ担当の方からもお声がかかるようになりました。 仕事と子育ての両立に関しての制度は整ったけど実情はこれからという企業の方が、本を読んで感動してものすごく前向きになったとか、後輩たちに本を貸したら彼女たちがすごく前向きに行動するようになった等、教えてくださいました。   政府が女性の活躍とか一億層活躍とか掲げて、企業も制度を作ったけれど、実際に女性が働き続けられるかはこれからが勝負。思う所はここに書ききれないほどいっぱいあるけれど、そうやって私たちの本を見つけて、読んで、感動して、企業として人材教育に取り入れたいと思ってくださるのなら、是非是非お役にたちたいと思っています。   今までの企業の人材教育は、仕事のスキルやノウハウが中心だった。でも、これからは男性も女性も、自分らしい生活をしながらキャリアも積んでいくために何をすればいいのかが課題だと思います。私があっとほーむで見てきた働くママたちの事例、経営者としての実績やノウハウ、そして共著の田中さんの組織開発やキャリア研究を融合させたプログラムを作り、企業に取り入れてもらいたいと思っています。   まだ本をお読みでない方は是非一度お読みください。そして、自分の企業が女性が働きづらいのなら人材開発やダイバーシティ担当者にお渡しください。私たちの目的はただ一つ。仕事も子育ても楽しむことです。   表紙の帯をはずすとこんな感じ↓ 丸い顔、跳ねる髪、私をイラスト化したものですか?と聞きたくなる。(^^)  

2016年1月3日 10年後20年後のために

2016年花

あけましておめでとうございます。 今年はどんな年になるでしょうか?皆さんそれぞれの願いや希望がありますよね。   私は子どもたちが笑顔で過ごせるようにしたいなと毎年思っています。 が、 では10年後20年後にどうなっていてほしいのかというと、ちょっと違う答えになります。笑顔で過ごしてほしいのは同じですけどね。   今、3歳の子は10年後に13歳、20年後23歳。今、10歳の子は10年後に20歳、20年後に30歳です。思春期を乗り越え、社会人になり、子どもがいるかもしれません。学生でも、社会人でも、子育てに専念していてもいいから、自分の能力を発揮して幸せを感じていてほしいと思います。 人は成長する過程で、夢をあきらめ、能力に気づかず多くの人と同じような生活をすることを目指してしまいます。でも、多くの人がやっていること、やろうとしていることを同じようにしなくてもいいんだよ。専業主婦だろうが、仕事と子育てを両立しようが、仕事や学問に熱中したり、スポーツやボランティアに生きがいを感じていたとしても、その生き方に幸せを感じているのなら、是非自信を持って続けてほしい。何かに挑戦したくてもお金が無いとか家庭の環境とかの言い訳で諦めているのなら、諦めずに挑戦してほしい。挑戦したいと思った自分自身を信じてほしい。私も応援するから。 だって私はみんなが3歳の今、10歳の今、すごい才能と能力を持っていることに気づいているから。     そしてその時の社会が、性別も年齢も生まれ育った地域も関係なく、すべての人が能力を発揮できることを応援する社会になっていてほしい。女性だからこれくらいでいいだろうとか、子どもがいるから諦めないといけないとか、今までの社会で常識とされてきたそんな思い込みは捨ててほしい。一人一人の能力を活かして社会に貢献しないと20年後の日本は成り立たないでしょう。社会に出て働くことが当たり前とは思いません。家庭をもち子どもを産み育てることが好きで能力があるのならそれでいいし、働くことで社会に貢献することが好きならばそれでいい。専業主婦が多いから専業主婦になるのが当たり前で、仕事と子育てを両立する人が多いからそれが当たり前ではないんです。この世に産まれて、多くの人に愛情をもらい、自分の道を見つけ、突き進み、良い人生を送ることができればいい。周りの人と同じような人生じゃなくてもいいんだよ。   10年後20年後の子どもたちのために、私ができることをコツコツと積んでいきたいと思います。 どうぞ皆様もそんな社会にするために、今年も来年もずっとずっとご支援よろしくお願いいたします。   認定NPO法人あっとほーむ 代表 小栗ショウコ

過去の代表ブログ

両立サロン

2017年6月17日 ケーキの日?

DSC08181

こんにちは、小栗ショウコです。   月に一度の、ほんとうは楽しい仕事&子育て両立サロン。 仕事続けたい~。子どもかわいい~♪というママたちが集まって、おしゃべりするゆる~いお茶会です。どなたでもお子さん連れで参加していただけますが、毎月来ている方もたくさんいます。 そんな子は「今日はケーキあるかな~?」と来る前から楽しみにしてくれているそうで、今日も到着したらおもちゃ遊びよりもまずはケーキにかぶりつく(^^) その様子がかわいくてかわいくて・・。   今日はシフォンケーキいっぱい焼いたからどれだけ食べても大丈夫! 抹茶とココアもありますよ。 夏だから、オレンジ味も焼いてみました。   こどもたちはおもちゃ遊びに夢中で、時々トイレやお水を飲みたいときにママを呼ぶけど、用が済んだら「はい、もうおしゃべりに戻っていいよ」とママに言ってくれるほど。(^^)ママたちが楽しくおしゃべりしている様子は、子どもにとっても嬉しいんだよね。 最後はママたちも協力してお片づけ。   7月8月はあっとほーむ繁忙期のためお休みですが、9月からまた開催します。 また来たよ~の方も、お久しぶり~の方も、初めまして~の方も、是非お越しくださいね。お仕事のこと、お子さんのこと、自分のこと、楽しくおしゃべりしましょう。お申し込みはこちらから。      

2017年5月21日 親子でお茶しに来ませんか?

no igame

こんにちは、小栗ショウコです。   本日、「ほんとうは楽しい仕事&子育て両立サロン」を開催しました。 今日は抹茶のシフォンケーキとオレンジのシフォンケーキを用意しました。このサロンは月に1回(夏は除く)開催されている、あっとほーむでお茶しながら仕事のこと、子どものことをおしゃべりする場。 小さいお子さんを連れてカフェに行くのは大変だけど、あっとほーむならママたちがおしゃべりしている隣の部屋で子どもたちが楽しく遊ぶので、ママも子どもも楽しい時間になります。カフェのようにおしゃれではないけれど、お茶とシフォンケーキと楽しいおしゃべりが出来て、あ~楽しかった!って時間を持てます。 仕事のことだけのビジネスの会、子育てのことだけを話すママの会はあるけれど、仕事のことも子どものことも、”わたし”目線で話し合える場があればいいなと思って開催しています。 これまでは、仕事と子育てを両立しているママをはじめ、いつか両立したいと思っているという女性も、ご夫婦で参加された方もいらっしゃいました。 次回は6月17日(土)10:00~12:00.7月8月はお休みしますので、夏前に是非お越しくださいね。            

2016年9月24日 仕事&子育て両立サロン

両立サロン2016年9月-1

こんにちは、小栗ショウコです。   9月24日(土)午前、ほんとうは楽しい仕事&子育て両立サロンを開催しました。 夏を除き、毎月1回開催しているこのサロン。あっとほーむご利用しているいないに関わらず、みなさんおこさんと一緒に参加してくれます。 子どものこと、仕事のこと、夫婦のこと、両立しているからこそのあんなこんなをざっくばらんにお話します。 ここで話をすることで、ストレス解消!とか不安解消!と言ってくださる方も多くいます。   子どもたちは、ママがおしゃべりしてる横でおもちゃで遊んだり、ピアノを弾いたり、自由に遊びます。   今日は抹茶シフォンケーキと紅茶シフォンケーキがおしゃべりのお供。米粉で作ってみました(^^) ママも子どもたちももりもり食べてくれて、嬉しい♪   過去には、子どもはまだだけどいつか来て欲しいその日のための勉強として埼玉から参加してくださったご夫婦もいるし、産休中のママもいますし、小1の壁に直面するママもいました。いつも頑張っているパパママたちに、笑顔になってもらえる時間を持っていただければ嬉しいです。10月11月12月のサロンもありますので、お気軽にお申し込みくださいね。        

2016年5月14日 5月両立サロン

2016年5月両立サロン

こんにちは、小栗ショウコです。   本日午前中は「ほんとうは楽しい仕事&子育て両立サロン」。 いつもはシフォンケーキを出しますが、初夏のようなお天気に合わせてこんなお茶菓子にしてみました。 毎回参加してくださっている皆さんがお子さんと一緒に来てくれて、今日はほんとうにみんなでお茶会のようでした。子どものこと、仕事のこと、ざっくばらんに話しえる関係っていいな~と思います。次回の両立サロンは6月18日(土)10:00~12:00です。 今年の夏休み、どうやって過ごせばいいのか?参考になるお話しますね。お茶菓子目当てでお越しくださっても結構です(^^) 夏の間の両立サロンはお休みしますので、6月の次は9月開催。皆様この機会に是非お会いしましょう。        

2016年4月16日 ほんとうは楽しい仕事&子育て両立サロン

20160416

こんにちは、小栗ショウコです。   熊本の地震に心を痛めながらではありますが、本日「ほんとうは楽しい仕事&子育て両立サロン」を開催しました。 このサロンの特徴は、1回限りの勉強会ではなく、いつでも参加してよくて、そこで自分のことをたくさんお話できちゃうサークルのような感じです。今日は4月に小学生になった子を持つママが3人集まり、まさに「小1の壁」を感じて、面白おかしく?働くママの小1あるあるで盛り上がりました。保育園児のママたちは、今まさに起こっている状況を実況中継されているような感じで、すごく勉強になったようです。 私も小1の壁セミナーをやっているし、他の人でもこの手の話題をネットに書き込む人が多いけど、のどもと過ぎれば忘れちゃうことも多いので入学式から10日の働くママの本音を聞けて、なんだかすごく面白かったです(^^) サロンにはお菓子をご用意していますが、今日はこちら。 手作りシフォンケーキ4種。プレーン、いちご、抹茶、ココアです。皆さんおいしそうに食べてくれるので作り甲斐があります!   小1あるあるで盛り上がった今日のサロン参加の皆さん。お子さんも何度も来て慣れているので、隣の部屋で遊んだりママのおひざでシフォンケーキ食べたり、とても自由に過ごしました。 来月以降のサロン開催日が決まりましたら、こちらのページでお知らせいたします。初めての方も、リピーターの方も、ご参加お待ちしています。

過去の両立サロン